BLOG

住まい手が使い方を見つけアレンジできる自由な住まいがテーマ

CREATOR’S VOICE

akka一級建築士事務所

事業提案競技に応募されたきっかけは何でしょうか。

規模が身近で、屋外を通じて2つの住戸を繋いで1つの住戸として使うプログラムに興味を持ちました。隣接する住戸の壁を取り払って、1つの住戸にするパターンもあるのですが今回の場合、建物の構造上それができないので、2つの住戸をどうプランニングするか、ここに住んだらどんな風に暮らすだろうかとイメージしながら設計しました。

団地に対してどのようなイメージを持っていましたか。

・子どもの頃の思い出
子どもの頃、友達が住む団地でよく遊びました。当時を思い返すと、道路が遊び場になるような今よりも公私の境がゆるかったなと感じます。団地の敷地内には道路や歩道・塀、家の間に階段があって、階段の上まで上がって紙飛行機を飛ばして地面からの高さを感じたり、1階のバルコニーと地面の間に入り込んで小さな隠れ家を作ったりして遊んでいました。そこに行けば友達に会えたり遊べる場所で、当時の私にとっては家にない様々な体験ができる自由な場所だったと思います。

・泉北ニュータウン、茶山台団地内を歩いてみて
街については、緑が多く公園もあって子育てがしやすそうだなという印象でした。仕事で近くの地域の団地やニュータウンを見に行くことがあるのですが、新しい住宅街と違って落ち着きと穏やかさを感じます。また、建物の隣棟間隔がゆったりしていることや敷地内に起伏があることがとても印象的でした。最近の新しい建物は、こんなにゆったりとは建てませんから40~50年前に建てた恩恵がこんな形で享受できるのは、とても贅沢な環境だと思います。

住まい方のイメージ、設計段階で気をつけたポイントなど、設計のコンセプトを教えてください。

今回の茶山台団地のプランは、階段室型で動線が集約されており南北に窓があるのが良いなと感じました。窓からの採光・風通し・風景がどれだけ感じ取れるか、90㎡という広がりを感じられるかがポイントだと考えました。また、壁式構造のため梁型がなくシンプルな躯体でできているのも魅力だと思いました。昨今の集合住宅にはない空間としての良さを感じたので、それらをそのまま利用できれば住まいとして十分に魅了的になると考えました。大きく手を加えるよりは、現代的な使い方に合うように生活の場を整えるようにプランニングしました。住戸内の断熱や設備、仕上げ材など住宅の基本性能の向上にも配慮しています。団地で発見的に遊んだように、住み手が自分のライフスタイルに合わせてアレンジできる自由さを残しているところもポイントの一つです。

公社のリノベーションの可能性についてどう思われますか。

少子化や地域のコミュニティが希薄になる中、建て替えではなく少しずつリノベーションに取り組んでいるので、すぐには結果は出ないかもしれませんが、これからどう進めていくか、どう工夫するか、継続して続けていくことで大きく変わってくると思います。今回のコンペのように新しい可能性に向けたチャレンジを重ねていくことも大切だと考えます。

設計の狙いなどその他、こだわったことはありますか。

2つの住戸のうち、一方に家族の共用スペースとなるLDKを設け、もう一方にはプライベートスペースとなる個室をプランニングしました。使い勝手を考えて、収納スペースや可動式の棚、DIY用の壁などを各所に設けています。DIYについては大阪府住宅供給公社様で、「団地カスタマイズ(※1)」という取り組みを行っていることもあり採用しました。他にもユーティリティスペースの洋服掛けは、各部屋側からも使える両面仕様にし、天候などに左右されずに洗濯物が室内でも干せるように配慮。キッチンでは食器棚の置く場所や玄関、パントリーの棚をアレンジすれば飾れるキッチンにすることもできます。また、パントリーに机をおいて書斎がわりにすることも可能です。部屋の仕切りにとらわれず、暮らしながら発見や工夫をしたり、そのスペースを家族みんなでシェアすることで楽しい暮らしになると思います。

ニコイチプラン1間取り図
ニコイチプラン1イメージパース

ニコイチ「プラン1」間取り、イメージパース

リノベ45「プラン1」間取り
リノベ45「プラン1」イメージパース

リノベ45「プラン1」間取り、イメージパース

※1.「団地カスタマイズ」について
https://www.osaka-kousha.or.jp/oph-search/topics/Danchi_Customize/index.html

プロフィール

akka一級建築士事務所
akka一級建築士事務所

永井 智樹(一級建築士)
2001年 福山大学工学部建築学科卒業
2001年 松本明建築研究所勤務
2007年~ akka一級建築士事務所共同開設
2018年 大阪工業技術専門学校 非常勤講師


小山 明子(一級建築士)
2002年 神戸芸術工科大学卒業
2002年 木村博昭/Ks Aarchitects勤務
2007年~ akka一級建築士事務所共同開設
神戸松蔭女子学院大学非常勤講師
住空間収納プランナー

受賞歴
キッチン空間アイデアコンテスト 2015  最優秀賞
サンワカンパニーデザインコンペ 2015  最優秀賞 他